コラボレーション

ロッキード・マーティン、Amazon、シスコが連携し、月面でも音声とビデオが可能に

~NASAのOrion宇宙船にAlexaとWebexを装備した画期的な技術実証用ペイロードCallistoを搭載した飛行計画を発表~ ロッキード・マーティン(NASDAQ: LMT)、Amazon(NASDAQ: AMZN)と米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は共同して、NASAのOrion宇宙船に独自のヒューマンマシン・インターフェース(HMI)を組み込み、遠距離音声技術やAI、タブレットを使ったビデオコラボレーションを活用することで、宇宙飛行士が将来的にどのようなメリットを得られるかを確認する機会を提供することを発表しました。…

2021年11月15日

コラボレーション

シスコ、 ハイブリッドワークを最適化する最新機能群をWebexに実装

~ビジネス利用の適用分野を大きく拡大~ シスコシステムズ合同会社(住所:東京都港区赤坂、代表執行役員社長:中川 いち朗、以下 シスコ)は、コラボレーション クラウドサービス Webexのエコシステムを大幅に拡張し、リアルタイム翻訳をはじめとするコミュニケーション機能の強化や、ウェアラブルデバイスとの連携など、オンラインコミュニケーション機能の活用によりビジネス変革を促進する新たなソリューション群を加えたことを発表しました。これにより、業界をリードする包括的なエンドツーエンドのハイブリッドワーク ソリューションであるWebexはビジネスプラットフォームとしてさらに進化し、ビジネスでの適用分野を大きく拡大します。…

2021年8月26日

セキュリティ

ゼロトラスト対応「次世代テレワーク基盤」をドコモ・システムズ、日立、シスコが構築

~テレワーク環境の安全性と利便性を両立し、コミュニケーションの活性化や生産性の向上を支援~ ドコモ・システムズ株式会社(以下、ドコモ・システムズ)、株式会社日立製作所(以下、日立)、シスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)は、ドコモ・システムズのDXプロジェクトの一環として、セキュアで快適なテレワーク環境を整備するため、ゼロトラストネットワーク技術を活用した「次世代テレワーク基盤*1」を構築しました。ゼロトラストネットワークは、アクセス情報をすべて信頼せず(ゼロトラスト)、あらゆる端末や通信のログを取得し、都度認証を行うもので、クラウドシフトが進むDX(デジタルトランスフォーメーション)時代に即したセキュリティモデルです。…

Webex、ウェブ会議サービスとして初めてセキュリティ評価制度(ISMAP)に登録

~政府情報システムのためのクラウドサービス安全性評価として認定~ シスコシステムズ合同会社(住所:東京都港区赤坂、代表執行役員社長:中川 いち朗、以下 シスコ)は、本日、Webexが、政府が主導する政府情報システムのためのセキュリティ評価制度 (ISMAP: Information System Security Management and Assessment Program、以下 ISMAP)の評価を完了し、ウェブ会議サービスとして初めてISMAPクラウドサービスリストに登録されたことを発表します。 ISMAPは、内閣官房・総務省・経済産業省が所管し、政府が求めるセキュリティ要求を満たすクラウドサービスを予め評価・登録することにより、セキュリティ水準の確保を図り、円滑な導入に資することを目的とした制度です。…

シスコ、Webexユーザコミュニティ「Webex Connect – Japan」の活動を開始

~ユーザ、管理者、開発者の間で知識を共有し、コミュニケーションのDXを推進~ シスコシステムズ合同会社(住所:東京都港区赤坂、代表執行役員社長:中川 いち朗、以下 シスコ)は本日、Webexの利用者や開発者のためのユーザコミュニティ「Webex Connect – Japan」の活動開始を発表しました。 新型コロナウィルスの感染拡大をきっかけに、多くの企業や組織でテレワークが推進され、オフィスでの会議や顧客との対面でのコミュニケーションの代替策として、オンラインコミュニケーションツールの導入が加速しています。この1年あまりの経験を通じて、これまで対面でしかできないと認識されていたことが、実はリモートでも十分に実施可能で、さらにはリモートで実施したほうが生産性やエクスペリエンスが優れていたなど、多くの発見や気付きが明らかになりました。…

シスコ、ハイブリッドな働き方を支援する Webex Suiteを発表

~ イベント、投票など800 以上の機能やデバイスを新たに追加 ~ シスコシステムズ合同会社(住所:東京都港区赤坂、代表執行役員社長:中川 いち朗、以下 シスコ)は本日、インクルーシブでハイブリッドな働き方を推進するWebex Suiteを発表しました。電話(クラウド電話)、会議、メッセージ(ビジネスチャット)、投票、イベントなどの複数のオンライン コミュニケーションツールがひとつのアプリケーションでシームレスに使える画期的なソリューションです。 新型コロナウィルスの感染拡大により、多くの企業や組織がリモートワークの導入を急速に進めてきました。しかし、これからは、経済活動や社会活動の制約が緩和されるにつれて、社員一人ひとりがオフィスまたはリモートで、あるいはその両方を組み合わせて仕事をするハイブリッドな働き方が主流になっていくことが予測されています。今後、リモート参加者が含まれる会議は98%に達すると予想されており、リモートと対面のコミュニケーションを組み合わせたハイブリッドな働き方に備えて、職場における新たな文化や価値観を確立するとともに、適切なテクノロジーを整備していくことが必要になってきます。…

2021年7月5日

コーポレート

『eラーニングアワード2021』リアルと、Webexによるオンラインのハイブリット形式で開催

一般社団法人日本オンライン教育産業協会(住所:東京都台東区上野、代表理事会長:岸田徹)は、eラーニングをはじめとしたオンライン教育や研修を事例とともに紹介・発表・議論する「eラーニングアワード2021フォーラム」(会期:2021年11月11~13日、16日~18日)を、リアルとオンラインのハイブリッド形式で開催いたします。11回目となる今回は、昨年に引き続き、ゴールドパートナーであるシスコシステムズ合同会社(住所:東京都港区赤坂、代表執行役員社長:中川いち朗、以下 シスコ)が提供するクラウドベースのウェブ会議システム「Webex」を活用し、100以上の講演を配信いたします。…

2021年6月15日

コーポレート

シスコ、Involvio買収の意向を発表

ジャヴェド・カーン(Javed Khan) 2021年6月10日 シスコ シニア バイス プレジデント 兼 ゼネラル マネージャー、コラボレーション 世の中はいま、以前とは少し違ってきました。働き方や学生の学習の仕方など、あらゆる面で変化しています。ハイブリッドワークやハイブリッドラーニングが求められるこの世界では、コラボレーションし常につながっていられることが、かつてないほど重要な意味を持っています。 そして、企業経営者と社員のように、教師と生徒、そして私を含めた保護者も、人とつながったり、コラボレーションしたり、物事を成し遂げたりするために、実際に一緒にいなくてもよいことに気が付きました。Cisco…

シスコ、ハイブリッドワーク支援特別プランを発売

~40名分のライセンス購入で、全従業員にCisco Webexの全機能を提供~ シスコシステムズ合同会社(住所:東京都港区赤坂、代表執行役員社長:中川 いち朗、以下 シスコ)は、ハイブリッドワークを支援するための新しいCisco Webex Meetingsライセンス体系『小さく始めて、大きく備える ~ハイブリッドワーク支援特別プラン~』を本日より販売します。 日本においても新型コロナワクチンの接種が開始され、人々が徐々にオフィスに戻っていくことが予想されます。しかし、テレワークに関する様々な調査が示すように、多くの従業員が今後もテレワークの継続を希望し、テレワーク環境の有無が就業する企業選びの基準のひとつになるなど、働き方に関する考え方は大きく変化しました。政府においてもデジタル庁が今年9月に新設され、テレワーク普及を含むデジタル改革が加速するなか、これからの働き方は、オフィスとテレワークを適宜使い分け、社員が働く場所を選択できる『ハイブリット型』へとシフトしていきます。…