コネクテッド コミュニティ

シスコ、東京都のデータハイウェイ構想によるスマートポールの実証実験を11月から開始

~ 双方向デジタルサイネージや5Gアンテナ基地局など先進的機能を搭載 ~ シスコシステムズ合同会社(住所:東京都港区赤坂、代表執行役員社長:デイヴ・ウェスト、以下 シスコ)は本日、東京都が超高速モバイルインターネット網の構築を推進する「TOKYO Data Highway基本戦略」に位置づけられているスマートポール先行・試行設置の協力事業者に選定され、11月から実証実験を開始することを発表しました。 スマートポールは、5Gアンテナ基地局やWi-Fiを必須機能とし、双方向サイネージや、各種センサー等を搭載した多機能ポールで、…

シスコとライアットゲームズ(Riot Games)、LOL ESPORTSの発展に向けパートナーシップを締結

~インフラストラクチャとネットワーキング提供によりプロ選手の競技エクスペリエンス向上に貢献~ ニュースの概要 シスコが公式エンタープライズ ネットワーキング パートナーとしてLoL Esportsに参加 パートナーシップを通じ、2020年のWorld Championshipsのネットワーク パフォーマンスは200%向上する見通し LoL Esportsのすべての地域をカバーするリモートのブロードキャストセンター(RBC)を構築予定 シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は本日、アメリカに本拠地を置く世界有数のゲーム会社…

シスコ、「駅」「まち」「スタジアム」をICTで一体化し来街 / 回遊を促進

JR京葉線沿線でデジタルサイネージを活用し、地元チーム、飲食店などの情報を発信 シスコシステムズ合同会社(住所:東京都港区赤坂、代表執行役員社長:デイヴ・ウェスト、以下 シスコ)は、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)が主催する「モビリティ変革コンソーシアム」のプロジェクトにおける社会実装第1号として、Cisco スマートサイネージなどを活用したサービス「駅からはじまるスポーツのまち」が、JR京葉線の海浜幕張駅、蘇我駅を拠点に、7月より本格利用開始されることを発表しました(Cisco スマートサイネージの設置は2020年3月31日に完了)。…

シスコと山口県萩市、IT人材と地域産業の活性化を目指し連携

~ シスコのコラボレーションテクノロジーと、シスコ ネットワーキング アカデミーの学習教材を活用~ シスコシステムズ合同会社(本社: 東京都港区赤坂、代表執行役員社長: デイヴ・ウェスト、以下 シスコ)は、本日、山口県萩市が主導する「萩グローバルIT人材育成協議会」と提携し、地域におけるIT人材育成に取り組むことを発表しました。本取り組みでは、「萩グローバルIT人材育成協議会」が運営する「萩IT松下村塾」の生徒に、萩市にサテライトオフィスを開設したパートナー企業、株式会社ネットケアサービス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:金子竜二)協力のもと、シスコのコラボレーションツールを活用したオンライン授業や、シスコ…

Cisco Webexがパシフィックリーグマーケティング公式ツールに採用

~シスコ、パシフィックリーグマーケティングとパートナーシップ契約を締結~ シスコシステムズ合同会社(住所:東京都港区、代表執行役員社長:デイヴ・ウェスト、以下 シスコ)は、パシフィックリーグマーケティング株式会社(住所:東京都中央区、代表取締役 CEO: 根岸友喜、以下PLM)とパートナーシップ契約を締結し、デジタルテクノロジーを活用した革新的なスポーツエンターテインメントと新たなファンエクスペリエンスの実現に向けた取り組みを、共同で検討、推進していくことで合意しました。 シスコは、これまで、世界各国のスタジアムやアリーナにおいて、テクノロジーを活用した新しいスポーツ観戦体験の提供やスポーツビジネス拡大のための様々なサポートを行ってきました。 …

京都のパブリックデジタルサイネージをLIVE BOARD Networkに接続

デジタルOOH広告配信の実証実験を開始 Society5.0の実現に向け京都スマートシティ構想を加速 株式会社アドリンク(以下、アドリンク)、一般社団法人 京都スマートシティ推進協議会(以下、京都スマートシティ推進協議会)、シスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)、株式会社LIVE BOARD(以下、LIVE BOARD)の4団体は、京福電鉄嵐山本線(以下、嵐電)の嵐山駅と西院駅に設置されている2箇所のインタラクティブなパブリックデジタルサイネージを「LIVE BOARD Network」に接続し、デジタルOOH(以下、DOOH)広告の配信を行う実証実験を2020年2月1日から開始します。…

シスコ、シティ・フットボール・グループとグローバル・パートナーシップ契約を締結

~オフィシャルテクノロジーパートナーとして、横浜F・マリノスをはじめ、4大陸にまたがる傘下5つのサッカークラブをサポート~ シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は本日、世界的にサッカービジネスを展開する企業、シティ・フットボール・グループ(以下、CFG)と、複数年にわたる、グローバル・パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。このパートナーシップによって、シスコは、テクノロジーを活用したイノベーションの推進と、クラブや選手、ファンをつなぎ、スポーツを通じて世界中の人々や社会に対して、意義のある価値をもたらしていきます。…

シスコ、「プライドハウス東京2019」に参画

つなぐ力でLGBTに関する情報交換・共有の場を提供 シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:デイヴ・ウェスト、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は、人材の多様性を尊重し積極的に採り入れるインクルージョン&コラボレーションの取り組みの一環として、LGBTをはじめとするセクシュアル・マイノリティの方々(以下、LGBT)への理解促進を支援するLGBT情報発信プロジェクト「プライドハウス東京 2019」に参画します。プロジェクトへの協賛を通じて、シスコのテクノロジーにより、日本各地のLGBTをつなぎ、社会全体においてLGBTに関する認知と共有、共感を拡げることで、LGBTが直面している様々な課題の解決を支援していきます。…

シスコの「コネクテッド・コース」、ペブルビーチ・ゴルフリンクス開催の全米オープン …

もしあなたが私のようなゴルフファンなら、このニュースに大喜びするに違いありません。 タイガー・ウッズが前回、ペブルビーチ・ゴルフリンクスで全米オープンゴルフのチャンピオンになった時、彼はタイ記録も含めて9つもの記録を打ち立てました。そして1カ月ほど前、タイガーがオーガスタでマスターズを制すると、強いタイガーが帰ってきたという話題で世界中が持ちきりになりました。今年6月のペブルビーチは世界中の注目を集め、大いに熱狂するでしょう。今から待ちきれません。 シスコは全米ゴルフ協会(USGA)の公式テクノロジー・パートナーとして、来月、美しい景観を誇る名門ペブルビーチ・ゴルフリンクスで開催される全米オープンで、史上初となる「コネクテッド・コース」をデビューさせます。トーナメントでは今年初めて全コースに堅牢なWi-Fiネットワークを張り巡らし、あらゆる場所で接続を可能にして、大会のギャラリー、プレーヤー、メディア関係者や大会関係者が、これまでにない優れた体験を味わえるようにします。オンサイトでシスコのテクノロジーが提供されることによって、USGAはコンテンツを配信してファンのエンゲージメントを高め、メジャートーナメントをより効果的に運営できるようになります。…